県産米1等比率88.2%
2018年11月30日
今年の県産米の1等比率がほぼ確定し、88.2%と県が目標としている90%を下回る見込み。
農林水産省が発表したコメの品質検査の結果によると、先月末時点の県産米の1等比率は88.2%で、目標の90%は下回ったものの、北陸農政局管内では福井県に次いで2番目に高い数値だった。品種別にみると新ブランドの富富富は99.0%の高水準で、主力品種のコシヒカリは87.4%と、夏場の猛暑の影響で品質を落としたものとみられる。
先月末時点で検査されたコメは全体の7~8割ほどで県産米の1等比率が県や農協が目標としている9割を下回るのは、2014年産以来4年ぶり。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 12/12(水) 12/11(火) 12/10(月) 12/09(日) 12/08(土) 12/07(金) 12/06(木)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.