甲子園 高岡商業も堂々と入場
2018年8月5日
100回目の節目となる夏の全国高校野球が開幕し、県代表の高岡商業が憧れの舞台で堂々と入場行進した。
開会式は午前9時から行われ、去年の優勝校、北埼玉代表の花咲徳栄高校を先頭に、史上最多となる56校の代表校が入場行進した。
2年連続、19回目の出場を果たした高岡商業も43番目に入場し、中村昂央主将を先頭に力強く堂々の行進を見せた。
記念大会の今年は、かつて甲子園で活躍した元球児による始球式が毎日、第一試合の前に行われ、5日は石川県の星稜高校出身の松井秀喜さんが務めた。
高岡商業の初戦は7日火曜日、大会3日目の第一試合で、午前8時から佐賀県代表の佐賀商業と対戦する。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 08/16(木) 08/15(水) 08/14(火) 08/13(月) 08/12(日) 08/11(土) 08/10(金)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.