県警セクハラ巡査部長処分
2018年5月16日
県警の巡査部長が、女性職員の身体に触れるなどのセクハラ行為を繰り返し、懲戒処分とされていたことが分かった。
県警によると、巡査部長は去年、勤務時間外に特定の女性職員に会い、女性の体を複数回にわたって触ったということ。今年に入り、女性職員から監察官室に相談があり、明らかになった。
監察官室の調べに対し、巡査部長は「女性に対して好意を持っていた」と、身体を触ったことを認めているということ。
県警はこの巡査部長に対し、6か月間・減給10分の1の懲戒処分とした。
県警監察官室の盛永章祥次席は「警察官としてあるまじき行為。再発防止へ指導を徹底する。」とコメントしている。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 05/23(水) 05/22(火) 05/21(月) 05/20(日) 05/19(土) 05/18(金) 05/17(木)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.