富山市の新年度予算編成で市長協議
2018年1月11日
富山市の新年度予算の編成で、市長協議が11日から始まった。
11日までに各部局から要求があった一般会計の総額は、今年度当初予算に比べ5.3パーセント増の1625億円あまり。
市税は個人市民税が給与所得の増加で増えるものの、法人税率の引き下げなどで法人市民税が減るため、一般財源の収入見込みは0.6パーセント減の1074億円あまりとなっている。
一般財源の不足額は約54億円だが、市の貯金にあたる財政調整基金は取り崩さない方針。
市長協議は今月18日まで行われ、予算案は来月下旬までにまとめられて3月定例市議会に提出される。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 01/23(火) 01/22(月) 01/21(日) 01/20(土) 01/19(金) 01/18(木) 01/17(水)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.