Jアラートの全国一斉情報伝達訓練
2018年5月16日
弾道ミサイルや災害などの緊急情報を知らせる全国瞬時警報システムJアラートの一斉訓練が県内を含む全国で行われた。
Jアラートの全国一斉訓練は、国や自治体が連携して行ったもので、県内の市町村も防災行政無線を使ったテスト放送などを行った。
このうち、射水市では午前11時にテスト情報が受信され、市内全ての113か所の防災行政無線から訓練放送が流れた。
Jアラートは弾道ミサイルなどの武力攻撃や地震、津波災害など、緊急情報を国から人工衛星を通じて瞬時に伝えるシステムで、16日の訓練では県や各市町村のいずれも不備はなかったということ。
今年度は、昨年度より回数を増やし年4回の訓練が行なわれる。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 05/23(水) 05/22(火) 05/21(月) 05/20(日) 05/19(土) 05/18(金) 05/17(木)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.