全国植樹祭にサテライト会場の設置へ
2017年5月15日
今月28日に魚津市で開催される全国植樹祭を前により多くの人が参加できるよう、サテライト会場を設けるなどその概要が発表された。
これは15日、石井知事の会見で明らかにしたもの。
全国植樹祭は、天皇・皇后両陛下がご臨席される国民的行事で、県内では1969年の砺波市の頼成の森で開催されて以来48年ぶりとなる。
「かがやいて水・空・緑のハーモニー」をテーマに、魚津市の桃山運動公園を会場に行われる今回の植樹祭には、県内外の出演者や招待者あわせて7500人が参加する予定。
会場となる魚津市の桃山運動公園の設営もほぼ整い、大会初となる木製テントを設置するほか、招待者が着用する名札を県産材で製作するなど、富山のゆたかな自然を全国にアピールする。
また式典には招待された一部の人のみの出席となるため魚津市の「海の駅蜃気楼」にサテライト会場を設け、大型スクリーンで式典の模様を生中継することになった。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 05/26(金) 05/25(木) 05/24(水) 05/23(火) 05/22(月) 05/21(日) 05/20(土)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.