甲子園 高岡商業が初戦突破
2018年8月7日
100回目の夏の甲子園は大会3日目。
県代表の高岡商業が7日、初戦を迎えた。
佐賀県代表の佐賀商業に4対1で勝ち、10年ぶりに夏の甲子園で白星を飾った。
県内最多19回目、2年連続の夏の甲子園出場となる高岡商業。
初戦は佐賀商業との対戦。
序盤は投手戦となり、0対0で迎えた5回。
均衡を破ったのは、高岡商業だった。ツーアウトで2年生7番・井林。「打った瞬間、入ると思わなかった」と話す井林の一打は今大会5号目のホームランに。頼れる2年生の一振りで1点を先制する。
6回、これまで好投を続けてきた高商のエース・山田がピンチを迎える。2アウト満塁、7番バッターへの4球目。得意のストレートでピンチを凌ぎ、これで7つ目の三振を奪う。
7回、同点に追いつかれたその裏。再び、高商にチャンスが訪れる。4番・筏、5番・石黒と連続ヒットで塁に出ると、バッターボックスには先制のソロホームランを放った7番・井林。相手のエラーで1点を奪うと。さらに、8番・田嶋。「絶対に打つと決めていた」と、気迫の2ベース!一挙2点を奪い、4対1とする。
その後は、継投の大島がしっかりと抑えゲームセット。
高岡商業、10年ぶりの初戦突破を果たした。
途中足がつるアクシデントや、守備の乱れもあったが、高商の粘り勝ち。
高商の2回戦は、一週間後の来週月曜日、正午から長野県代表の佐久長聖と対戦する。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 08/16(木) 08/15(水) 08/14(火) 08/13(月) 08/12(日) 08/11(土) 08/10(金)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.