連休に火事相次ぐ
2017年3月20日
県内では20日から1週間、春の全国火災予防運動が展開されるが、この連休中に富山市で火事が相次ぎ3人が犠牲となった。
警察が出火原因と遺体の身元を調べている。
19日午前9時すぎ、富山市中滝の清水和子さんの住宅から出火、木造2階建ての住宅を全焼したほか、火は隣接する住宅2棟にも燃え広がった。
この火事で清水さん宅の焼け跡から2人の遺体が見つかった。
清水さんの二男によると、全焼した住宅で3人で暮らしていた和子さんと三男の和幸さんと連絡がとれていないという。
警察は20日朝から消防と合同で実況見分を行い、出火原因を調べるとともに21日以降遺体の司法解剖を行い、身元を確認することにしている。
一方18日午後9時半ごろ富山市高屋敷のアパートで、1階の恒田敏一さんの一室が焼けた火事で、警察の実況見分の結果、火元は恒田さんと2人で暮らしていた80歳の母親久美子さんの居間兼寝室であったことがわかった。
焼け跡からは女性と見られる遺体が見つかっていて、火事の後久美子さんと連絡が取れなくなっている。
警察は21日、遺体の司法解剖を行い身元を確認することにしている。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 03/24(金) 03/23(木) 03/22(水) 03/21(火) 03/20(月) 03/19(日) 03/18(土)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.