安達カターレ初陣県サッカー選手権
2018年5月13日
サッカーの天皇杯全日本選手権出場をかけた富山県選手権大会が開かれ、新監督を迎えたJ3カターレ富山と、北信越リーグ1部の富山新庄クラブが対戦した。
決勝戦は4年連続、同じカードとなった。
カターレ富山は成績不振から監督が交代したばかりで、この試合が安達新監督の初陣となる。
先制点が欲しいカターレは前半12分、左サイドからのシュートで、キーパーがはじいた所を前嶋がきっちり押し込み、先制点をあげる。
そして前半35分にも左サイドからのクロスを前嶋があわせ、2点目、新庄クラブを引き離す。
サイドが変わった後半もカターレ富山は攻撃の手を緩めず、3点を追加し、5対0で新庄クラブを破り、天皇杯出場を果たした。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 05/23(水) 05/22(火) 05/21(月) 05/20(日) 05/19(土) 05/18(金) 05/17(木)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.