部活動のあり方方針を公表
2018年8月10日
県教育委員会は休養日や活動時間の設定基準を盛り込んだ運動部活動の在り方に関する方針を策定した。
これは、今年3月にスポーツ庁が策定した運動部の在り方に関するガイドラインに則り、作られたもの。
方針の中で、「適切な休養日と活動時間の設定」では原則として、週2日以上の休養日を設けるとしている。
そして、1日の活動時間は平日、2時間程度、休日は、3時間程度とし、短時間で効率的な活動を行うこととしている。
また、「事故防止と事故への対応」では熱中症への対策として、こまめな水分や塩分の補給、休憩をとり健康管理を徹底すること、気象庁の高温注意情報が発表された場合、屋外の運動部活動は、原則、行わないようにすることが盛り込まれている。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 08/16(木) 08/15(水) 08/14(火) 08/13(月) 08/12(日) 08/11(土) 08/10(金)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.