世界選手権を前にソノカムペアが合宿
2017年8月11日
今月スコットランドで開幕する世界バドミントン選手権。
世界ランク上位の選手のみが参加できるこの大会に日本から26人の選手が出場する。
世界一をかけた戦いを前に、今週、月曜から事前合宿がスタートした。
世界バドミントン選手権には日本から出場するのはリオデジャネイロオリンピック金メダリストのタカマツペアなど名だたるトップ選手が出場。
県関係ではトナミ運輸から過去最多となる6人の選手が出場する。
選手たちは今月21日からの世界選手権に向け、最後の調整中。
男子ダブルス世界ランク4位の園田・嘉村ペアは今年6月のオーストラリアオープンでは優勝を果たすなど日本のエースダブルスとしてメダル獲得に期待がかかっている。
合宿では世界一ともいわれる低空戦に磨きをかけ、世界選手権に臨む。
そしてもう一人、トナミ運輸の若手の注目株、男子シングルスの常山幹太選手。世界選手権に向け、2か月前からラケットを使った練習の後、ウエイトトレーニングの量を増やし、筋力アップを図ってきた。
今年のオーストラリアオープン、カナダオープンでは見事優勝。世界ランキングでは現在、日本人トップに立っている。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 08/18(金) 08/17(木) 08/16(水) 08/15(火) 08/14(月) 08/13(日) 08/12(土)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.