バスケ予選 馬場選手が勝利に貢献
2018年12月1日
バスケットボールのワールドカップ予選日本代表の一戦が、30日夜、富山市で行われ、県出身の馬場雄大選手が豪快なプレーを見せ日本の勝利に貢献した。
来年、中国で開催されるバスケットボールのワールドカップ。
その出場権をかけたアジア地区・最終予選、日本とカタールによる30日夜の一戦。
この試合で最も注目を浴びたのが富山市出身の馬場雄大選手で、プロ入り後、初めての凱旋試合だった。
馬場選手は第1クォーター、外からのシュートを沈め富山での初得点を挙げる。
圧巻だったのが第3クォーターでダンクシュートを決めるなど豪快なプレーで日本代表を波に乗らせる。
馬場選手は13得点を挙げ、日本代表はカタールに対して85対47と、富山での初戦を制し、予選5連勝。
次は3日に同じく富山市でカザフスタンと対戦する。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 12/12(水) 12/11(火) 12/10(月) 12/09(日) 12/08(土) 12/07(金) 12/06(木)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.