センバツ高岡商業 初戦飾れず 
2017年3月20日
春の選抜高校野球大会、20日に高岡商業高校は岩手県の盛岡大学付属高校との初戦に臨み、延長戦の末、惜しくも敗れた。
7年ぶりにセンバツの舞台に挑んだ高岡商業。
試合は初回から動いた。
2アウト2塁で、4番・筏がフルカウントから盛岡大付属の先発、三浦の高めに浮いた直球を見逃さず先制点。
その後、3回に1点、そして4回にはタイムリースリーベースなどで3点を追加し6対3とリードし迎えた4回裏。
高商の先発、エースでキャプテンの土合は、序盤、ボールを低めに集め、丁寧なピッチングを見せていたが、相手打線に長打を含む3連打を許し、リードを守りきることが出来ず6対6の同点。
その後、お互いに、2点ずつを取り8対8で試合は延長戦に入った。
延長10回表、高商は1点勝ち越すが、その裏、盛岡大付属に2点を返えされ、惜しくも初戦はサヨナラ負けを喫した。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 03/24(金) 03/23(木) 03/22(水) 03/21(火) 03/20(月) 03/19(日) 03/18(土)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.