富山市議会 第三者機関のあり方決定
2017年5月17日
富山市議会の、政務活動費費の使い方を審査するため、来月設置される第三者機関のあり方が決まった。
政務活動費を使う前と後に審査するため、週1回開かれる。
富山市議会の政務活動費のあり方検討会では、改選前の議会で検討されてきた第三者機関の素案が座長から提示された。
富山市議会では、これまでに議員が政務活動の支出前に計画書を提出、第三者機関の事前審査を受け、支出後には報告書を提出し、再び第三者機関が審査、事前と事後、2重にチェックをすることを決めている。
17日、示された素案ではその第三者機関を公認会計士を1人以上含む3人以上で構成し、週1回審査の機会を設ける。
審査の結果、政務活動に該当しないと判断された場合は、支出を認めないとしており、17日の検討会で、承認された。
第三者機関は来月中の設置を目指し、既に支出が終わっている分については、事後の審査のみとなる。
また、17日は議会改革検討調査会も開かれ、一般質問での持ち時間についても話し合った。
これまで、1人あたり年間90分が会派に割り振られる会派持ち時間制を90分から120分に増やすか、会派持ち時間制を廃止し1人1定例会ごとに60分、年間では240分を割り振るかで意見が分かれていたが、17日もまとまらず、多数決で決めることになり、賛成多数で会派持ち時間制のままとし、1人年間120分に増やすことになった。
6月定例会から実施される。
また、来年3月からの開始を目指している議会のケーブルテレビでの中継は、「録画」ではなく「生中継」とすることも決めている。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 05/26(金) 05/25(木) 05/24(水) 05/23(火) 05/22(月) 05/21(日) 05/20(土)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.