全日本学生体操競技選手権大会
2017年8月10日
リオデジャネイロオリンピックの金メダリストなども出場する全日本学生体操競技選手権が県内で初めて富山市で開かれ、華麗な演技で会場を沸かせた。
大学日本一を決めるこの大会は9日の団体総合、個人総合に続き、10日は種目別の決勝が行われた。
全国から学生トップクラスの選手が集まり、地元富山大学の他、リオデジャネイロオリンピック団体総合の金メダリストで、日本体育大学3年の白井健三選手なども出場した。
ゆか運動では白井選手が技の難しさで.最高クラスのH難度の「伸身リ・ジョンソン」通称シライ3をピタリと決める。
6回ある回転技のうち3つに自身の名前がつく大技を繰り出した白井選手。
抜群の安定感で大会唯一の15点台を出し、床で優勝を決めた。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
 最新ニュース
 ニュース検索
最新 08/18(金) 08/17(木) 08/16(水) 08/15(火) 08/14(月) 08/13(日) 08/12(土)
Produced by BBT WEB
Copyright (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd. All rights reserved.