8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
政務活動費不正 富山市議会2人のベテラン自民議員が会派離脱へ
2019年11月12日
政務活動費の不正を認めて、先月、合わせて375万円を市へ返還した富山市議会の五本幸正市議と高見隆夫市議が、来週にも自民党会派を離脱する見通しです。2人は議員辞職はせず、今後はそれぞれ1人会派で活動を続けるとしています。
五本幸正市議と高見隆夫市議は先月、政務活動費の不適切な支出があったとして、利息を含めた375万円を市へ返還しています。自民党会派の高田重信政調会長によりますと、2人は政務活動費の不正問題をめぐり先週までに会派に離脱の意向を伝えていて12日、会派の幹部が出席した執行部会の中で承認されたということです。今月15日に開かれる会派の総会で、あらためて諮られ、合意されれば正式に離脱が決まります。
五本市議は、12日午前に開かれた議員協議会の後、報道陣の取材に応えました。
五本市議「会派に迷惑をかけるのが嫌だから離脱させて頂きますと言ったら、幹部から、あなたがそう思うならやむを得ないと回答があった。まだ地元からの要望が残っている。それを成し遂げたいという思いが強いので、もう1年半頑張りたい」
一方、高見市議は、12日朝議会事務局に対し「無言電話が鳴りっぱなしなので警察に相談する」などと話し、公務を欠席しています。
五本市議と高見市議はともに当選回数4回のベテランで、自民党会派では相談役を務めていました。2人は会派の離脱後も議員辞職はせず、それぞれ1人会派として活動するとしています。
高田重信政調会長「不適切なお金の使い方があったということも事実で、訴えられたことも踏まえながら、市民にはお詫びしながらになるが、会派としてしっかり運営していかないといけない」
一連の問題をめぐり、五本、高見両市議は市民団体から富山市長に返還請求を求める訴訟を起こされているほか、詐欺罪に当たるとして先週、刑事告発されています。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道