8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
氷見を愛する魚料理研究家…移住して店をオープン
2021年6月8日
氷見の魚に魅了され、東京から富山に移住してお店をオープンした男性がいます。魚料理研究家でもある男性を取材しました。

氷見市で暮らす魚料理研究家の近森光雄さん(27)です。
海と魚をこよなく愛する近森さん。ニックネームは「昆布」で、海への深い愛が感じられます。
*魚料理研究家 近森光雄さん「これは氷見のイワシのアンチョビです。もともと関東の魚屋で、漁港巡りが好きでこっちに来て、急に住みたいと思ってこっちに来たので。定置網からとれる魚は新鮮でおいしいですし、毎日変化があって楽しいです」
近森さんは東京都葛飾区出身。氷見の新鮮な魚に魅了され、2年前に氷見に移住しました。
そして、この春、念願のお店をオープン。
魚のいろいろな食べ方を提案したいと、ランチタイムには、魚のサンドイッチを提供しています。
サンドイッチは、その日に仕入れた魚によって味付けやトッピングを変えています。
また、近森さんは氷見の魚の魅力を全国の人に知ってほしいと、朝どれの魚を全国に送っています。
箱の中には、サクラダイとスルメイカ、そして氷見産の野菜。実はこれ、ただの直送便じゃないんです。
*近森光雄さん「オンラインで料理教室をやっています。自宅からZOOMでつないで、そこからレクチャーして。さばくうちに、魚がこうなっていたんだとわかってもらえたら幸せだなって」
日々、魚料理の新たな可能性と料理法を研究中という近森さんの夢が…。
*近森光雄さん「地元の人が旅行者に土地の魅力を教えたり、その土地でとれたものを食べてもらったり。コロナが収まったら、旅行者と地元の方が交わる場所になればいいなと思います」
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道