8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
新型コロナウイルス感染拡大 介護福祉士の団体が県に要望
2020年5月1日
県内でも、介護施設の利用者やスタッフに新型コロナウイルスの感染が広がるなか、国家資格、介護福祉士の団体が介護従事者への支援を求める要望書を県に提出しました。

県介護福祉士会が1日、県に提出した要望書では、自ら感染したり感染を広げたりするおそれや精神的な負担を少しでも軽減させ、利用者の日常生活を支え続けるため、マスクや手袋、消毒液など衛生用品の安定的な供給と介護従事者への特別手当の支給を求めています。
県介護福祉士会 舟田伸司会長「体温計も1回計るたびに消毒しなければいけないが、それすらもできないアルコール消毒液の無さ。石鹸で洗っての対応となっている。ものがない状態で実践するストレスというのは現場では計り知れない」
県は、公的病院で新型コロナウイルス感染症に対応する医師や看護師などの医療従事者に対しては、要望を受けて特殊勤務手当を支給する方針を決めていますが、その対象に介護従事者は含まれていません。
1日提出された介護福祉士の要望書は、超高齢社会の中で「介護崩壊」が「社会崩壊」につながらないよう現場の最前線で「命を守り抜く」との決意で締めくくられています。
県介護福祉士会 舟田伸司会長「命の次の生活支援というのが私たちの専門性です。生活を続けていく為には、医療現場の次、生活の継続の為に、今だけはなくて、これからも今の時点の前からも、連携が必ず必要になってきます。これをきっかけにして、よりよい連携を医療機関だけではなく、様々な福祉機関との連携を進めていく必要性を感じています」
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道