8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
新型コロナウイルス 富山県内 感染経路不明は減少傾向
2020年5月6日
県と富山市は6日、5日に新型コロナウイルスの感染が
確認された3人について、詳細を公表しました。

県内の感染者は死者13人を含む216人、退院した人は69人ですが、
感染経路不明は、ここ2週間減少傾向にあり、
県は外出自粛の効果もあらわれているとみています。

県と富山市は6日の会見で、
5日に感染が確認された女性3人の行動歴や容体などを公表しました。

富山市の50代、公務員の女性は、
先月28日に陽性が判明したデイサービスめぐみの女性通所者の娘で、
先月20日に喉の痛みなどの症状があり、検査の結果、陽性でした。

この女性は教育現場に務めていますが、先月24日以降、勤務しておらず、
学校も休校になっていることから学校名等は発表しないとしています。

また、この女性の子供で同居する10代の女性も感染が確認されました。

一方、60代の女性はクラスターが発生している富山リハビリテーションホームの看護師で
、先月、陰性の結果が出ていましたが、今月に入り
味覚や嗅覚異常があり再度検査を受けたところ陽性とわかりました。

県内の感染者は、6日までに死者13人を含む216人で69人が退院しています。

一方、新規の感染者は、6日までの6日間は5人以下にとどまり、
感染経路不明も減少傾向で、県は外出自粛の効果があらわれているとみています。

県厚生部 石黒雄一部長「孤発(感染経路不明)の方の数は比較的少ないと思っている。
県民の外出自粛の協力の結果が相応の成果を上げていると考えている」

5日夜から6日午後5時までは、新たに感染が確認されたは人はいません。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道