8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
無人自動走行ロボット草刈り機実演
2020年6月29日
魚津市の果樹研究センターで29日、無人自動走行のロボット草刈り機の実演会が行われました。県が推奨するスマート農業推進の一環で、高齢化が進む農業の救世主となるか注目です。

県の果樹研究センターリンゴ試験ほ場で行われたロボット草刈り機の実演には、魚津市内でリンゴを育てる生産者などが招かれました。
実演が行われたロボット草刈り機は岩手県に本社があるメーカーが果樹園用に開発したもので、家庭用のロボット掃除機のように動き回り草刈りを行います。3000平方メートルを1週間かけて無人で自動走行し雑草を刈ることができるということです。
果樹の生産者によりますと、雑草処理には春先から秋にかけての10日間で数十時間ほど費やしているそうで、ロボット草刈り機の威力に、省力化につながると感心していました。
生産者は「夜中でも草刈りが出来るから良いと思う。草の長さがどこまで刈れるかを見て購入したい」
またロボット草刈り機はバッテリー充電も自動で行い、スマートフォンで離れた所からも指示をだすことができ、スマート農業の推進につながると果樹研究センターの研究員は話していました。
このロボット草刈り機は県の果樹研究センターで今週いっぱい公開し、関係者などが自由に見学できるということです。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道