8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
国産ウイスキーを気候や伝統技術生かし熟成…付加価値つけ販売する『ボトラーズ事業』開始「世界に魅力を」
2021年6月9日
国産のウイスキーを、南砺市の気候や伝統技術をいかして熟成させる世界初のウイスキー事業が始まりました。

これは、シングルモルトウイスキー専門店「モルトヤマ」の下野孔明さんと若鶴酒造三郎丸蒸留所の稲垣貴彦さんによる共同プロジェクト「T&T TOYAMA」が企画したものです。
近年、国産のウイスキーが世界中で注目されるなか、蒸留所から購入した原酒を熟成させ付加価値をつけて販売する「ボトラーズ」といわれる業態が国内になかったことから、2人は事業を立ち上げました。
ウイスキー樽の熟成庫の建設地に選んだ井波地域は、山のふもとで水田が多く、1年を通して適度な湿度が保たれていることから、上質なウイスキーづくりに適切な環境だとされています。
また、井波彫刻総合会館やいなみ木彫りの里など観光施設が近いため、見学者の誘致やウイスキーの販売を通して地域の活性化が期待されます。
さらに、ウイスキーを熟成させる樽にも井波ならではの工夫が…。
*リポート「こちらは井波の木工技術を生かしたウイスキー樽です。地元の木材であるミズナラは香り高いウイスキーの製造が期待されます」
ウイスキーは、樽の種類や熟成年数によって多様な味や風味の変化が生まれるとされていて、この事業では木工の伝統技術を受け継ぐ職人が樽の製造や修繕を行います。
*T&T TOYAMA 下野孔明代表「各蒸留所が持っている魅力はボトラーズでしか発信できない部分があるので、恵まれた環境の熟成庫で日本のウイスキーの魅力を国内、世界に発信したい」
*T&T TOYAMA 稲垣貴彦代表「今、日本のウイスキーが人気だが、それを一時的なものにするのではなくて、魅力を発信することでウイスキーファンを増やしていきたい」
熟成庫は今年の9月に着工し来年3月に竣工する予定で、ウイスキーは3年以上の間熟成させるため、2025年以降の出荷を予定しています。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道