8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
交番で警官が殺害され奪われた銃で男に射殺される…男性警備員の遺族が県など提訴へ「県警に重大な落ち度」
2021年6月10日
3年前に起きた富山市の奥田交番襲撃事件で殺害された警備員の遺族が、県警の職務執行に重大な落ち度があったとして、県などを相手に損害賠償を求める訴えを起こすことがわかりました。

この事件は、3年前の6月、富山市の奥田交番に元自衛官の島津慧大被告が刃物を持って押し入り、警察官を殺害した後、奪った拳銃で近くの小学校の警備をしていた中村信一さんを射殺したとされています。
殺害された中村さんの遺族は、事件発生当時に警察官がパトカーで警告音を鳴らして巡回などをしていれば夫の命が奪われなかった可能性があると訴えていて、近く富山県などを相手に損害賠償を求める訴えを起こす予定です。
この事件で、島津被告は強盗殺人などの罪で起訴されましたが、富山地方裁判所は強盗殺人が成立しないとして無期懲役の判決を言い渡していて、島津被告本人と検察双方が控訴しています。

*追記(10日午後7時)
遺族は、県や島津被告に対し、およそ2600万円の損害賠償を求めて、11日、富山地方裁判所に訴状を提出する予定です。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道