8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
8日朝までに平野部多いところで50センチの雪 9市町に暴風雪警報
2021年1月7日
7日、県内は今週末にかけて強い冬型の気圧配置となる影響で、8日朝までに平野部では多いところで50センチの雪が降る見通しで、海上では暴風雪に警戒が必要です。

急速に発達する低気圧が日本海から北日本へ進んでいて、県内は昼前から夕方にかけて雪を伴う風が強く吹く見通しとなっています。
この急速に発達する低気圧の影響で、予想される最大瞬間風速は東部の海上で35メートル、西部の海上と陸上で30メートル、海は波の高さが東部で4メートルと警報級の高波になる恐れがあります。
8日朝6時までの24時間に降る雪の量は、東部、西部ともに、多いところで平野部50センチ、山間部で80センチの予想です。
現在、暴風雪警報が富山市や魚津市、滑川市、黒部市、入善町、朝日町、高岡市、氷見市、射水市の9つの市や町に出されています。
交通に乱れが発生していて、鉄道はJR西日本が特急「サンダーバード」と「しらさぎ」の終日運転休止を決め、8日も運転を取りやめる可能性があるとしています。
また、空の便も全日空が東京便の全便欠航を決めています。
高速道路では、北陸自動車道の砺波ICから福井の丸岡ICの区間と東海北陸自動車道の小矢部砺波JCTから岐阜の郡上八幡ICの区間で上下線ともに最高速度が50キロに制限されています。
県内は、西部から雨や雪が降り出していて、この後は天気が急変し8日にかけ猛吹雪で視界が悪くなる所があります。
この強い冬型の気圧配置は10日日曜日ごろまで続く予想で、気象台は大雪に警戒すると共に水道や路面の凍結に注意するよう呼び掛けています。

*7日午前11時現在の情報
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道