8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
地元保育所の子ども達や職員のためにボランティアがマスク手作り
2020年3月23日
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、黒部市では地域のボランティアが、地元の子ども達のためにマスクを手作りしました。

黒部市若栗地区の社会福祉協議会が企画しました。地元の若栗保育所で、子ども達や職員のためのマスクの在庫が少なくなっていることを知り、地域の人に呼びかけたところ、23日はおよそ20人のボランティアが集まりました。

ボランティアは「すごいですね。皆さん声をかけて集まって一生懸命。がんばりますという感じ」
カラフルな布を型に合わせて切り、ガーゼと紐を丁寧に縫い付け200枚のマスクを作りました。

若栗公民館 柳田紀子館長「地区の子ども達は若栗の宝なので、新型コロナウイルスに感染してほしくないなと、ひと針ひと針、真心を込めて縫っています」マスクは25日、保育所に届けられるということです
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道