8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
桃の節句を彩る砂糖菓子「金花糖」づくり最盛期
2021年2月23日
来月3日の桃の節句を彩る鮮やかな砂糖菓子、金花糖(きんかとう)づくりが最盛期を迎えています。

金花糖は、江戸時代、加賀藩藩主に献上されたことから、北陸地方に伝わったとされています。
創業およそ140年、氷見市の井上菓子舗では、熱湯でとかしたグラニュー糖を冷やした木の型枠に流し込み、金花糖を作っています。
型枠は100種類あり、なかには明治時代から使っているものもあるそうです。
最近は、ひな人形の小型化に伴って金花糖も小さくなったということですが、それでも、桃の節句らしい華やかさは変わらず、職人がブラシで濃淡をつけながら色を付け、「たい」や「もも」などおよそ50種類を仕上げていました。
*井上菓子舗 林真由美さん「コロナ禍の中、自宅にあるおひなさまを飾って少しでも明るい気持ちになり、おうち時間を楽しんでほしい」
金花糖は井上菓子舗や氷見番屋街で販売されます。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道