8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
北陸新幹線敦賀開業1年半遅れ 検証委員会が初会合 
2020年11月17日
2023年春の敦賀開業が1年半遅れる見通しとなった北陸新幹線について、国土交通省は17日、建設主体の鉄道運輸機構が示した工期や建設費の妥当性を検証する委員会の初会合を開きました。

検証委員会は、国交省が人選し鉄道行政の権威とされる政策研究大学院大学の森地茂名誉教授を座長にJR東日本の執行役員など5人の委員で構成され、JR西日本もオブザーバーとして参加しています。
初会合は非公開で行われ、委員は鉄道運輸機構に対し工程や建設費の根拠を示す資料の提出や関係自治体との情報共有について説明を求めたということです。
2023年春の敦賀開業を巡っては、工期のひっ迫などから現状では1年半遅れ、建設費もおよそ2880億円増える見通しが示されています。
今後、委員会では工期の短縮や建設費の縮減が可能かを検証し、来月上旬までにまとめたいとしています。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道