8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
ごみ収集での感染リスク回避のために
2020年5月6日
新型コロナウイルス感染予防の必需品ともなっている使い捨てマスク。
このマスクからの感染リスクが指摘されています。
マスクがごみとして回収される時に清掃職員が感染した例が
他県から報告されていることから、
富山市環境センターはごみ袋が破けて飛び散らないよう呼びかけています。

富山市内のごみの集積所。

最近、可燃ごみの中で使い捨てマスクや使用済みティッシュペーパーが
目立つようになりました。

新型コロナウイルスの感染拡大で、
ウイルスが付着している恐れもあり、
ごみ収集作業員は不安を抱いていると言います。

富山市環境センター 飯島孝志さん
「マスクやティッシュが多くなっている。
ウィルスが付着していることが予想されるので」

リスクと隣り合わせというごみ収集作業、
危ないと感じるのは収集したごみを回収車で圧縮する時です。

富山市環境センター 飯島孝志さん
「ごみ袋がパンパンになっていると回した際に、
この時点で膨らんでごみがパーンと破裂する時が一番危ない。
袋が破裂してごみが飛び散ることがあるので
ティッシュやマスクを触った際には手袋をきれいに洗っている」

飛び散ったマスクやティッシュは作業員が手で拾い集めますが、
ウイルスを吸い込んでしまう恐れがあると言います。

対策として以前はつけていなかったマスクを装着し、
作業後にはゴム手袋を洗っていますが、感染への不安は消えません。

富山市環境センターは、人員に余裕がない中、
現場がクラスター化すればサービスは維持できないとして、
感染を防ぐために、ごみを出す際には袋が破けて飛び散らないよう
徹底してほしいと呼びかけています。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道