8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
黒部市の官製談合事件で判決
2019年5月9日
下水道工事の予定価格を業者に漏らした罪に問われた黒部市の職員の男の裁判で、9日富山地方裁判所は、懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡しました。判決を受けたのは黒部市上下水道工務課の森山恵太被告です。森山被告は黒部市が去年8月に発注した下水道工事の入札で、予定価格を知り合いの土木会社の社長に事前に漏らし落札させたとして官製談合防止法違反の罪に問われています。判決で大村泰平裁判官は、「入札の公正が害され、公務員としての自覚を欠く短絡的な犯行である」とした一方、「反省の弁を述べている」として、求刑1年に対し、懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡しました。森山被告の弁護人は、「控訴するつもりはない」としています。また、今回の事件で落札した土木会社は「市の職員による工事の予定価格の漏えいは、常態化していた」と話していて、黒部市は判決を受け森山被告の処分を検討しています。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道