8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
新型コロナ感染者急増 「富山アラート」は…
2021年4月6日
新型コロナウイルス感染者の増加を受け、新田知事は6日、有識者から意見を聞き注意を呼び掛ける「富山アラート」を出すか検討しましたが、「早急にアラートを出す必要はない」との判断に至りました。

新田知事は6日、医師会や経済界など5人の有識者と懇談し、4月に入り感染者が増え始めている現況を踏まえ、今後、富山アラートを出すべきかどうか意見を聞きました。
県内では5日の感染者が10人と、2カ月半ぶりに2桁となり、4月の累計はすでに24人に上っています。
また、6日までに変異ウイルスは25人確認されています。
県が外出の自粛や休業要請など段階的に制限するロードマップの判断指標では、4つの指標のうち新規陽性者と感染経路が分からない新規陽性者の2つが3日から基準を超えています。
このため6日の懇談では、ステージ2へ移行しないために注意を呼び掛ける「富山アラート」を出すべきか検討されました。
なかでは、県内の感染者が増加傾向にある一方で、市中感染が少ないことや20代から30代の若い世代の軽症患者が多く、病床数がひっ迫する心配がない事などが確認され、「今の時点で富山アラートを出す必要はない」との結論が出されました。
*新田知事「ある人が感染して、その仲間の中で感染が広がっているため追跡出来ていて、周辺の濃厚接触者は検査出来ているためコントロールできているという判断」
*県医師会 馬瀬大助会長「医療の病床逼迫は今のところないということで、アラートの必要はないという結論に至った」
県は今後、アラートを出すかどうかについては、変異ウイルスの影響にも注視しつつ、判断していきたいとしています。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道