8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
3県知事と経済界トップ 北陸新幹線敦賀開業で工期短縮を要望
2020年11月20日
北陸新幹線金沢~敦賀間の開業が1年半遅れる見通しとなったことで、20日、北陸3県の知事などが関係する国会議員や国土交通省に、あらためて工期の短縮を要望しました。

20日は、富山、石川、福井の3県の知事と経済界のトップなどが上京し、整備新幹線に関わる与党の国会議員や大西英男国土交通副大臣などを訪ね、あらゆる手を尽くして予定どおりの開業を実現し、建設費の増大に伴う追加の地方負担が生じないよう求めました。
*谷本石川県知事「政府与党の申し合わせは大変重い。反故とは言わないまでも、新幹線の長い歴史の中で初めてのこと。責任を感じてもらわなければいけない」
要望を受けた大西国交副大臣は、一連の事態を謝罪した上で「最善を尽くす」と応えたということです。
また、20日は金沢~敦賀間の工期や建設費を検証する有識者による委員会の2回目の会合が開かれました。
会議は非公開で進められましたが、国土交通省によりますと、工事を担う鉄道・運輸機構側から開業が遅れる大きな原因の一つである敦賀駅の工期短縮策が示されたということです。
委員からは、短縮の実現可能性や実効性を問う意見が出されたということですが、機構がどのような短縮案を提示したかについて報道機関には公開されませんでした。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道