8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
「ブラックフライデー」大型セールもコロナ禍ならでは
2020年11月20日
第三波とみられる新型コロナウイルス感染の拡大が県内でも懸念される一方で、小売店では感染対策を徹底しながら、いかに消費を喚起できるか知恵を絞っています。この時期、大型小売店が力を入れているセールも、今年はコロナ禍ならではの特徴がみられました。

20日から県内の商業施設で始まったのは、年末商戦の幕開けとなる「ブラックフライデーセール」
ブラックフライデーとは、クリスマス商戦に向けてアメリカで大規模な安売りが行われる11月の第4金曜日のことで、小売店が黒字になることからその呼び名が定着したと言われています。
高岡市にあるイオンスタイル高岡南店では、今年で5回目となるブラックフライデーセールを開催。羽毛布団やビジネススーツが半額となっているほか、食品や日用品、衣料品、電化製品などでセールが実施されています。(スーツは21日から半額)

*リポート「コロナ禍で求められる『安全』に買い物ができるよう徹底対策をしながら売り上げを伸ばすために、今年は開催期間を拡大しています」
例年の開催期間は3日から5日ですが、今年は分散して集客を図ろうと10日間に設定しました。

*イオンスタイル高岡南 奥井範彦店長「(開催期間拡大は)密を避けるのが目的。10日間で少しでもメーカー、生産者のためにも消費を喚起していきたい」
また今年は、「巣ごもり消費」の動きを受けて、自宅での時間を快適に過ごしてもらえる商品を充実させたほか、需要が伸びている感染対策グッズも売り場を広く設けています。

加えて、消費の落ち込みで苦境にあえぐ地元の生産者を応援しようと、市内の農協から仕入れた新鮮な農産物の販売を21日から売り場を拡大して販売し、消費の喚起につなげたいとしています。
*イオンスタイル高岡南 奥井範彦店長「(感染対策で)一番力を入れているのは買い物カゴ。エスカレーター、エレベーター、すべて1時間に1度清掃する。安心していただけるお店に仕上げて、買い物を楽しんでもらえる商品を準備して対応したい」
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道