8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
トコロテンの材料…テングサ漁始まる 天日干しも
2021年6月7日
トコロテンの材料となるテングサの漁が、氷見市で行われています。

氷見市間島では先週から漁が始まり、7日朝も間島漁業実行組合の人たちが、テングサを広げる天日干しの作業に追われていました。
*リポート「今朝も午前6時過ぎから漁が始まっています。収穫したテングサは1日天日干しされますが、午後には、こうしてすべてひっくり返して干すんだそうです。大変な作業です」     
漁は海岸近くの岩についたテングサを採るもので、海女さんが水深2メートルから5メートルの場所で収穫します。
今年は、冬の大雪の影響で水温が低いためか、品質はよいものの例年より生育が遅れているそうです。
30年以上、テングサ漁を請け負う輪島の海女さんは…。
*輪島の海女 白崎はたこさん(79)「いつもの所には少ししかない、少ない感じ。昔から間島のテングサは一番、トコロテンにしたら最高の品質」       
*間島漁業実行組合 河原十次男組合長「原因はわからない。品質はいいがテングサはちょっと小さい」
漁は梅雨に入る頃まで晴れ間を見て行われ、テングサは県内外に出荷されます。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道