8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
県が感染第2波に備え補正予算 医療介護の提供体制充実や県民生活支援
2020年6月15日
県は15日、新型コロナウイルスの感染第2波に備えた6月補正予算案を発表しました。医療、介護の提供体制の充実や県民生活への支援などが盛り込まれています。

県が、県議会6月定例会に提出する補正予算案は一般会計で357億5500万円余り。県の6月補正予算の編成は2011年の東日本大震災以来、9年ぶりです。
また、一連のコロナ対策の事業費はこれで759億円になり、リーマンショックの時の補正予算額(573億円)を大幅に上回ります。
中では、病院の一般病床や、重症病床の確保におよそ34億円。
クラスター、集団感染への対策が急がれる介護サービス事業所への感染防止の支援におよそ26億円。
医療従事者や介護職員などへの慰労金として、およそ63億円。
病院でPCR検査が受けられるようにするなど、PCR検査体制の拡充におよそ1億9000万円。
保育園・幼稚園、学校などの感染防止対策強化におよそ15億7000万円。
また中小企業・小規模事業者などの資金繰り支援として実質3年間無利子・無担保の制度融資の限度額を3000万円から4000万円に引き上げるためにおよそ104億円。
コロナ後を見据え、テレワークなどを推進するため光ファイバー網の整備に18億6000万円などが計上されています。
6月補正予算案は、16日に県議会に提出されます。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道