8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
新型コロナ第2波への備え 流行段階ごとの病床確保計画
2020年7月28日
新型コロナウイルス対策を話し合う県の会議が28日開かれ、県内の病院に確保する入院病床数を流行の段階ごとに示した新たな計画がまとまりました。

県の協議会には、医療機関や医師会、保健所の関係者などが出席し、第2波に備えた医療提供体制について話し合われました。
会議では、協議会のワーキンググループでまとめた、県内の病院に確保する入院病床数を流行の段階ごとに示した確保病床計画が示され、その場で了承されました。
計画は、都道府県ごとの流行ピーク時の患者数の推計を踏まえ作られたもので、通常時をフェーズ1とし、入院患者数20人以上と、40人以上を目安に、フェーズ2、フェーズ3と分けられています。
国の推計では流行ピーク時の県内の患者数は318人、そのうち入院患者は219人となっていて、県の計画のフェーズ3では、県内の指定医療機関合わせて340の病床が確保されます。
さらに、県では流行が想定を上回った場合、公的医療機関にも協力を要請し、入院病床を最大500床まで確保できるとしています。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道