8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
保育所に通う男児など新たに6人感染 県内156人に
2020年4月24日
新型コロナウイルスに24日、保育所に通う男の子など新たに6人が感染していたことがわかりました。県内の感染者は156人となり、施設や家族内で感染が広がる一方、経路の分からないケースも増えています。

新たに感染が確認されたのは、富山市立古里保育所に通う男の子と20代の母親です。2人は、今月21日に感染が確認された80代の女性の家族です。
市によりますと、男の子が通うクラスには、およそ20人の子どもと担当の保育士5人がいて、市が濃厚接触者を調査しています。男の子は80代の女性に症状が出た今月15日以降、保育所に行っていませんでしたが、保育所は24日から当面の間、臨時の休みとします。
また、県庁にある売店に勤める30代の女性の感染も分かりました。この女性は、今月21日に4人の感染が明らかになった富山市の神明小学校の児童の母親です。運営する県庁職員生活協同組合によりますと、この売店は1人の職場で客や他の職員に濃厚接触者はいないと考えられるものの、保健所と協力し調査するとしています。
県と市は、24日、十数人の調査結果を発表しましたが、23日滑川市で初めて感染が確認された80代の女性など少なくとも3人の感染経路はわかっていません。
県内の感染者は死者3人を含む156人となりました。
一方、23日80代の入院患者の感染がわかった富山赤十字病院は、同じ病室だった患者5人と医師や看護師など24人を濃厚接触者として検査した結果、全員が陰性だったと発表しました。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道