8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
老朽化や耐震性不足…砺波市役所本庁舎の整備は
2021年6月11日
老朽化や耐震性の不足が問題となる砺波市役所の本庁舎について、市民を交えた検討委員会が11日、はじめて開かれました。

検討委員会は、建設されてから50年以上が経過している砺波市庁舎の今後の整備について市民の意見をとりいれようと開かれたものです。
1964年に建設された砺波市庁舎は老朽化や耐震性の不足が問題となっていて、砺波市は「現庁舎の耐震化」あるいは「現在地での建て替え」「新築移転」の中から方向性を決めるとしています。
委員会では、庁内の研究会による調査をもとに「本庁舎の一部または全部を解体し、現在地に建設が望ましい」という結果が報告されました。
しかし、委員からは「将来を考えるとインター近くの庁舎の方が利便性が高い」といった声や「人口減少が予想されるなか、市役所の在り方も検討するべき」といった指摘がありました。
今後、検討委員会は年内に4回開かれ、他の市の庁舎を参考するため委員会のメンバーは、来月、射水市庁舎に視察に行く予定です。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道