8ch BBT Web 富山テレビ放送

ご意見など

NEWS ONLINE    
県内小中学校の修了式や終業式は
2020年3月24日
新型コロナウイルスの感染拡大による学校の一斉休校を受け、年度末の行事の対応が地域によって分かれる中、砺波市の中学校で全校集会が開かれました。
24日が今年度最後の登校日となった出町中学校では、1、2年生439人が全校集会に臨みました。新型コロナウイルスの感染を防止するため、生徒は原則マスク着用で前後左右1メートルの間隔を取って行われました。
式では、西島健史校長が「この苦しいときに何が出来るか、今こそ力の見せ所だ」と語りかけました。
この後、教室に戻ると、窓を開けてしっかり換気をしながら、1年間の行事を振り返る映像をみんなで見て思い出を語り合いました。そして、担任が一人一人に頑張ったことや今後の目標を伝えながら通知表を手渡していました。
生徒「家にいたら、みんなに会えなくて寂しかったが、会えたらうれしくて、ずっと笑っていた」「(3年生では)もっと今まで出来ていなかったことや当たり前だったことに感謝しながら、勉強などに励めたらいいと思う」
出町中学校 西島健史校長「もうしばらく登校が出来ない時間が続くが、その時間の中で自分なりに目標を持って、時間を大事に使って過ごしてもらいたいと願っている」
新型コロナウイルスによる一斉休校の影響で、県内の小中学校では修了式や終業式を行わなかったり、校内放送で済ませたりなど自治体によって対応が分かれています。
※当HPは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されています。
キャスター紹介
ご意見・情報等はこちらまで
お寄せ下さい。
[フォームから送信]
FAX 076-491-2663
郵便 〒939-8550 BBT報道